インソムニアinsomnia

白夜のアラスカ、氷河がでかい、いってみたい。。
ロビン・ウィリアムスはサイキックマーダラーはだめだよ。湖に沈む最後はリアルで、浜寺”fuckin' bad smell”運河でみた、そして、十三の川辺から阪急電車の高架下に浮かんだ水死体のように、リアルな屍体だった。水底に沈んだ屍体はきっと、不眠症などとは無縁の存在なのだろう。6日間の徹夜なんて出来そうに無いが、法の秩序と倫理観の間で”正しいことに”揺れ動くアル・パチーノは、道をはずさないことの難しさを説いて息絶えた。
霧の中の殺人がいい、霧がいいのかな、なんだか存在が消えていくみたいで自由な感じがして許されるような、その時だけいつもと違ったことをついしてしまう、逢魔ヶ刻、露で滑りやすい中流域の川原石とかも、ああ、旅行にいきてえ。

広告を非表示にする