我が家のビオトープ

めだかの睡蓮鉢と台所のキューブ水槽をビオトープ化した。
睡蓮鉢は、大鉢で陶器なので、直接荒木田土をいれ、オカメザサ(阿亀笹)パピルスを背景に植えてみた。パピルスはともかく、オカメザサは水没の状態で成長するか気になったが、1週間たった今も新芽が伸びる気配がみられ、生着してくれそう。笹(ほんとは竹)の間をめだかが泳いでくるところはなかなかいい景色。土が崩れないように、五色石を敷き詰め、そこに睡蓮を横たえた。

キューブ水槽は、懸案であったタナゴの産卵床である、2枚貝をなくなく買って入れた。素焼きのポットにイネ科の水生植物を植え、キューブ水槽に対角状に配置して、その隙間を五色石で埋めた。ポットがひたひたにつかるぐらいの水をいれ、めだかとタナゴを放してある。できれば産卵してほしい。こちらもまずまず落ち着いているみたい。

http://www.engeinavi.jp/db/view/link/1415.html
http://www.engeinavi.jp/db/view/link/776.html

広告を非表示にする