1984年

ジョージ・オーウェル 1949年の作

「危機的瞬間にあって人が闘うのは絶対に外部の敵ではない、常に自分の肉体と闘うことになるのだ。」

「英雄的に、或いは悲劇的に見えるいかなる状況にあっても。戦場でも、拷問室でも、沈没間近の船でも、戦うための大義は必ず忘れ去られてしまう。」

広告を非表示にする