prison break 悪夢

PB8-10を見た。ちゅーしてやがんの。
夜、二度寝になるとリアルな夢をいつも見る。決まって大学を卒業できない夢だ。夢の感覚は無くて強い焦燥感にせきたてられて目覚め、少し経って夢であったことに気づく。設定は国家試験に受からないだの、留年するだのとあるのだが、今日は無駄にもう一度大学へ行く設定で驚いた。苦労を背負い込む性格だね、だんな。
しかし、学生の立場が心地よいのは無責任うんぬんではなくて、学ぶ楽しさだと思う。知識を悪戦苦闘しながら系統立てて頭に入れていくことは人間の根源的な快感なのだろう。生存に直結する知恵が含まれているからか。。
50歳まで後、15年、アルコールとともに、しなびた脳髄をキープして面白い第2の人生があればと願う。
さあ、仕事仕事。

広告を非表示にする